保活体験記【認可保育園】

本当はもう少し前に書こうと思っていた
保育園に入れるために、色々動いた
日々の記録



「保育園落ちた。日本死ね」が話題に
なった2016年4月に、娘さんが保育園に
入園しました

しかも、第一希望の保育園

23区内でも、待機児童数が常に上位の
区なので「まさか!!!」という
感じでした

スタート前から出遅れる

娘さんを産む前から今の区に住んで
いるけど、子どものことは「本当に
産むのかな?」と自分の事ながら
半信半疑で、マンションを買うときも
保育園のこととかあまり考えていなかった

その結果、今住んでいる地域は
保育園が少ない。。

しかも区自体が激戦区!!


さて、どうしたら入れるのか?

とりあえず先手で動け

まず最初に動いたのは、安定期に
入った位かな?!

勤務時間の変更(2015年4月)

新年度になる際、勤務時間を
10:00~18:00から9:00~18:00に
変更してもらいました


Q.何故変更したのか?

何年も前にたまたま見ていたテレビで
保育園の申し込みで「1点の差に泣く
というのを見ていたから

保育園の申込みは点数で入園か
そうでないかが決まる。

勤務時間によって点数が違いがあり、
たった1点違うだけで明暗が分かれる
という話


この時は勤務時間7.75時間と8時間の
人の話でした

勤務時間8時間 → 満点
勤務時間7.75時間 → 満点-1点



待機児童が多いと、まず満点でないと
スタートラインすら立てないと
思ったのです。


だって実働8時間なんて、正社員なら
大抵そうだろうから

ちなみに、あたしはアルバイトでした


これじゃ点数足りない!と気付き
変更してもらったということです。


ちなみに、正社員であろうが
アルバイトであろうが雇用形態は
関係なく、『いかに保育が必要か!!』
が重要らしい

その指標の一例が勤務時間なんでしょうね


のちに、この変更は必要なかったことが判明
あたしの住んでいる区では、拘束時間が8時間以上であれば満点でした

やっぱ確認って大事★★

相談は産休中

産休に入る前は、勤務時間以外は
大して動かなかった気がする

ので、産休に入ってすぐ区役所に相談へ(2015年6月)

何を聞いたかはあまり覚えていないけど、
その時自分が疑問に思っていたことを
聞きました。


それから、一番欲しかった募集要項を
手に入れたのです!!!

と言っても、2015年4月入園時のもの
なので、古いやつだったけどとにかく、
点数の付け方が見たかった!!!


コレ凄く大事!!


どういう基準で点数がつくか知っておけば、対策も練りやすい
だから、なるべく早めに見ておいたほうが良いです


どういうことがあれば加点されて、何があると減点されるのか
全く分からなかったし、項目についてもその場で教えて貰いました


時期的に窓口が空いていたので、ゆっくりと相談ができました


入園申し込み近くになると窓口が混むので、時間が許すなら
早めに相談に行くと良いです


ちなみに、うちから歩いて5分位で隣の区に行けるので
そちらも視野に入れて、募集要項をもらいに行きました

待機児童もうちの区は数百人なのに対し、
お隣さんは数十人だったので

募集要項を見ると点数の項目が少なくて、ビックリ!!

うちの区は、事細かに点数設定があったので
こんなにも違うものかと驚きました

そして、「今年度までは区外の人も一次から受け付けて
いたけど、来年度からは二次からの受付になります」と
言われ断念

出産後の見学

認可保育園の見学は、出産後に行きました
大体娘さんが3ヶ月くらいのときかな


家の周りに保育園が少ないとはいえ、
住んでいる駅の前後の駅も範囲に入れていたので
それなりに数がありました


全部ではないけど、4園行ってきました


その中で一番印象が良かった園を第一希望にし、
今娘さんは通っています。


しかし、希望順位をどうするかは、かなり悩みました


こんな感じで↓

【マンションの敷地内の保育園】
○何と言っても近い
○お昼寝がコットなので、通気性が良さそう
×どのクラスも定員6名なので、集団生活を身に
   つけることが心配

【区立の保育園】
○園が広い
×印象が薄い(あんまり覚えてないです)

【今通っている保育園】
○印象が良かった
○幼児になったら縦割り保育
○定員が多い
×家からは少し遠い(1駅先)


小規模保育園も含め、全部で12園申し込んだので、
他9園分も考える必要がありました。


どうにもこうにも決められないので、再び区役所へ

窓口でこう伝えました


『昨年の、(自分が希望する)各保育園の
申込者数を教えてください』


何をしたかったかというと、各園の倍率を知りたかったのです。


ただ失敗したのは、その園を第一希望にしていた人数を
聞き忘れたこと(実際、そこまで教えてくれるかは
分からないけど・・)


数字を出して、倍率・定員・園の様子や特徴・立地などを
総合的に考え直しました


でも、決定打がない!!!


ある時、とあるママのブログへたどり着き
保育園は子どもが1日で一番長く過ごす場所だから、
子どもにとって良い環境を選んであげよう、
みたいな事が書いてあるのを読んで、とても共感し
色々悩んでいたことも吹っ切れました


今通っている保育園が一番良さそうに見えたので、
そこを第一希望に

特に申し込みする園の数に制限がなかったので、
第十二希望まで決めました

そしたら後は、募集開始したら書類を提出するだけ



やって来た2月の通知は、そもそも何の書類かさえ
最初は分からなかった



少ししてダンナ様と喜びを共有した夜

------------------------------------------------------

------------------------------------------------------


今思う保育園入れた要因

●定員の多い保育園を第一希望にした
点数は恐らく、一部を除いて同点の家が多数のはず。

娘さんが入園した0歳児クラスは、定員が12人

娘さんのクラスは、同じ保育園に兄・姉がいる子が4人
それだけでプラス1点

違う保育園または小学校に姉がいる子が2人
点数のプラスはないけど、同点のとき優先度が上がる

兄弟がいる子が定員の半分でした

うちの区は0歳児の場合、定員6名か9名が多いので
他の園だったら、落ちていました

●収入が少なかった
点数が同点で時、最後は収入勝負。
フルタイムのアルバイトだと
点数は正社員と同じでも、あたしの収入は半分なので
優先度が上がった(ダンナ様は平均的な収入)

振り返って


やっぱり情報収集は大事ですね

数字もそうだし、実際保育園の空気に触れて見ることもそう

そして、ちゃんと情報を得ていれば勤務時間を変更して
朝早く会社に行く必要もなかったww

詳しくは ⇒ 妊娠期を振り返る④



この記事へのコメント