出産を振り返る②

2015年7月29日

いよいよ帝王切開での出産当日

午前中は外来があるので、その後手術


朝から飲食禁止
浣腸に剃毛
(確か全部この日だったと思う)

ヤることなくて、とにかくヒマ

13時半くらいにダンナ様と母親が来たけど
やっぱりヒマ( ̄▽ ̄;)

15時過ぎに(15:20とかかな?)ようやく
手術台に乗る

ここでもあたしの足を見て驚く人あり!
余程珍しかったのか、触られたw

程なくして、部分麻酔を打たれる

昔卵巣の手術をして、傷の表面がくっつかなかったとき
部分麻酔をしたので、なんの心配もしていなかったけど
それが大間違い((((;゜Д゜)))

背中に2ヶ所打たれ、全身力入らない
何とも言えない感覚で気持ち悪く
体も震えだした

とにかく元に戻して!!!って
心の中で思ってた


そうこうしている内に、ひどい眠気

前回はそんなことなかったけど、
この時は起きていられない


ついに落ちました。。


どのくらい時間がたったのか

生まれたよ!

って声がした


でも、怖くて目を開けられなかった

だってお腹どうなっているか
分からなかったし(*_*;

確実にまだ開いてますから。。

見えはしないんだろうけど(-_-;)

でも、遠くで鳴き声が聞こえた
ずっと続く強い眠気の中、
ホッとしたのを覚えている


そしてすぐ、また眠りに落ちる


またどれくらい経ったのか
声をかけられる

赤ちゃんを連れてきてくれて
記念撮影

眠くて目は開かないわ、
顔だけ起こしたから二重顎になるわで
とても家族以外には見せられたもんじゃ
ないけど、娘さんと撮った最初の写真

その後また眠りに落ち、気付いたときは
病室のベッドの上

起きた途端、激痛に苦しむことになる( ̄□||||!!



あたしが眠っている間、多分生まれてすぐ
ダンナ様は娘さんを抱っこしたんだそうな!
あたしは抱っこできなかったけど

一番最初はダンナ様に抱っこして欲しかったから
いいんだけど、やっぱりあたしもしたかったな~


それから娘さんが生まれた後、
1時間以上あたしは手術室から
出てこなかったらしい

卵巣の周辺に癒着が見られたらしく、
その対処に時間がかかったもよう


まあ、何はともあれ無事生まれて良かった(о´∀`о)

この記事へのコメント